施工管理の仕事内容とは?

工場設備であるプラントの施工管理とは作業をスムーズに進めるために、さまざまなことを管理する仕事です。作業を進めるためには現場で働く従業員が安全かつ快適に作業ができるように環境や設備などを管理したり、作業全体の進捗を確認したりすることが重要になります。その役割を担っているのが、施工管理という仕事です。安全管理や工程管理のほかに品質の管理や原価管理もおこないます。品質管理とはクライアントから求められている品質や、公共機関によって定められた基準に沿ったものが作られているかを管理することです。原価管理はあらかじめ決められた予算の範囲内で作業や、品物を完成させられるよう材料の発注など原価を管理することです。

施工管理のメリットデメリット

ブラントの施工管理のメリットは、収入が高く安定して仕事があるということです。プラントは基本的に規模が大きい作業がおこなわれ、費用も莫大にかかります。期間も長期に及ぶことが多く、施工管理の仕事は他の仕事に比べて収入が高いです。また、工場は工場自体や設備などの老朽化とともに、その都度新しくしていきます。施工管理の仕事はなくなることは考えにくく、仕事量が安定しているといえます。

施工管理のデメリットは、一般の作業員と比べて残業や休日出勤が多くなることです。プラントでは基本的に納期が厳守となっていますが、作業員の急病や設備の故障などのトラブルも多々あります。その都度施工管理の組み直しをする必要があり、残業や休日出勤をすることが多くなります。

石油精製工場のような特殊な設備をもつ施設はプラントと称されています。プラントの施工管理をするのに必要なスキルがあります。 土木建設工事のスキルや電気工事のスキルは代表格です。