専属運転手の仕事内容

専属運転手とは、特定の人物や企業の専属として働く運転手のことです。雇い主を車に乗せ、目的地まで送り届けるのが主な仕事です。会社や出張先、イベント会場など雇い主の要望に応じて様々な場所へと走ります。出退勤の時間だけでなく昼間にも送迎を行う場合もあります。車の運転が中心なので肉体的な負担は少ないですが、拘束時間が長いことが特徴です。雇い主を目的地まで送った後は仕事が終わるまで待機する必要があります。ゴルフや飲み会、冠婚葬祭に行く場合でも終わるまで待機しています。いつ戻ってきても対応できるようにどこかに行くこともできません。重労働ではないものの雇い主に合わせる時間が長く、神経を使う仕事です。

専属運転手として働くメリット

専属運転手のメリットは、慣れてしまえばパターン化できることです。初めのうちは会社の場所や周辺の地理など覚えることが多いですが、一度覚えてしまえばスムーズに運転できるでしょう。基本的に雇い主の1日のスケジュールに合わせて行動するので、仕事を続けていけば行動パターンも把握できます。1日のどのタイミングでどこへ運転をするかも分かってくるので、パターン化することで作業効率を高められます。また、専属運転手は安全運転のスキルがあれば働けるのでハードルが低いのもメリットです。移動中に立ち寄るコンビニを把握したり、車内に飲み物や軽食を用意したり、雇い主をサポートするスキルもあれば、高い評価も得られるでしょう。雇い主の仕事に直接貢献できるわけではないですが、仕事を支える役割を担っているのでやりがいも十分にある仕事です。

運転手の派遣は、希望の曜日や時間帯に働けることや、必ずしも経験や技術を求められないことから、多くの求職者から注目が集まっています。